12/23の雑学タンブラー

ネイサンの逆売りで、ロスチャイルド家は、意図的に売りを仕掛け、さらにほぼタダ同然となった英国債を大量に買い付けたことで、英国債の62%を取得したと言われています。英国債は、イギリス政府が発行する借金ですから、実質的に、ロスチャイルド家は、イギリス政府の最大の債権者になったことを意味しており、わかり安くいえば、イギリスという国家は、ロスチャイルド家のいいなりになってしまったとも言えます。

Leave a Comment

テキストのコピーはできません。